ピーマンまるごとぺろり!大量消費!カマンベールチーズ詰め

画像:ピーマン大量消費−ピーマンチーズ

ピーマンの大量消費におすすめのレシピです。
ピーマン苦手な方もお試し下さい。ポイントはピーマンを切らないでじっくりオイル焼きにすること。
チーズと合わせることで、苦味を感じにくくほどよい塩味で食べやすくなります。

画像:しまねおおなんチーズ工房_カマンベールチーズ

カマンベールチーズ 200g

準備


耐熱皿、もしくはコンロで加熱出来るスキレットなどたくさん作る時はフライパンでも作れます。

グリル、コンロ、トースターなどお手持ちの器具で調理できます。

調理時間:約20分

材料【2〜3人前】


  • ピーマン 4個
  • カマンベールチーズ 1/2ホール(ピーマンの大きさに合わせて切ってください)
  • オリーブオイル 適量
  • 塩 少々
  • ブラックペパー 適量


作り方


  1. ピーマンはヘタと種のみ取り、筒状にする。
    Point:ヘタを上から押して、一箇所だけ縦に半分くらいまで切り込みを入れ、種を引っ張り出す
  2. カマンベールチーズを放射状に切り、ピーマン1つに1個ずつ中に詰める。
    (細い方を中へ入れる。はみ出てもok!)
  3. 耐熱皿にピーマンを並べて
  4. オリーブオイルを回しかける
    (ピーマンに油をなじませる程度)
  5. 塩を少々ふる
  6. グリルやオーブンで5分〜ピーマンに少し焦げ目がつく程度に焼く。
    (直火で加熱する時は蓋をすると早く加熱できます)
  7. 出来上がったらお好みでブラックペッパーをかけて召し上がれ!

レシピの紹介


種を抜いたピーマンの中にカマンベールチーズを入れました。
ピーマンの肉詰めはよく聞きますが、チーズ詰め初めての方も多いはず。
贅沢にチーズだけを使用しました。
意外な組み合わせですが、これが美味しいんです。
溶けたチーズがこぼれないように、熱々をどうぞ!

旨味を最大限に引き出すならこの食べ方!


種を抜いたピーマンの中へ、しめじを切らずに数本と塩昆布ひとつまみ、チーズを入れます。
味付けは塩昆布のみ。 きのこ×塩昆布×チーズ…旨味があふれてきます…!
焼くときはフタをして加熱をすると、きのこにも火が通りやすくなります。
ピーマン好きにはたまらない…!

BBQでも活躍!いつもと違った食べ方で楽しい食事タイム


お家キャンプ、バーベキューでも今回のレシピはおすすめです。
スキレットがなくても大丈夫!アルミ皿で代用可能です。
アルミホイルでふんわりフタをしてじっくり蒸らしてください。
炭火でじっくり加熱すると旨味がアップしてきっと人気レシピになりますよ。

ピーマンは苦手…そんな方でも食べられるように


今回のチーズ詰めは、ピーマンが苦手な方やお子様にもおすすめしたいレシピです。
ピーマンの苦味は、繊維を切ると増すといわれています。
丸ごと焼くことで苦味も少なく、さらにチーズと合わせて食べると苦味がマイルドになります。
食べる時は、始めは少しずつ。チーズと一緒になら食べられるかもしれません。

チャレンジしてみてください!

甘いピーマンの見分け方


ピーマンを購入する時、上のヘタの部分を見てください。
一般的なピーマンは五角形ですが、中には六角形のものがあります。
ヘタが多いということは、栄養をたっぷり含んでいる証なのです!
六角形のヘタを持つピーマンは糖度が高く、苦味を感じにくいと言われています。

▼商品のご購入はこちら

「カマンベールチーズ (ホール) 200g」

▼カマンベールを使ったその他のレシピ

「萌え断」厚切りサンドイッチ作ってみた!